男性がドン引きメイク一位は盛り過ぎメイク

男性がドン引きするメイクとは

パープルシャドウはオバサンっぽい


パープルのアイシャドウはきれいですが、オバサンっぽい顔になりがちです。
それは、紫という色が華やかな印象を与えると共に、
少し前に流行った色なので、年齢層が高い人が当時のまま使っているためです。
昔のメイクから抜け切れないで、何年も同じメイクを繰り返すことで、
オバサンっぽい顔になってしまいます。

また、日本人に多い黄味の多い肌には紫やブルーなどの寒色系の色はなかなか合いません。
首から上だけが、粉っぽくいかにも塗りましたという感じに仕上がってしまうのも原因の一つです。

また、紫は少しつけた時はあまり目の印象を変えられないので、
多くつけすぎてしまうカラーでもあります。
まぶたの上全体に塗るような、やりすぎてしまうメイクに見られます。

紫のアイシャドウをナチュラルに使いこなすことはとても難しいです。
買ってきていきなりメイクするのではなく、時間がある時に鏡を見ながら、
つけ方の研究をするとオバサンっぽくならないメイクができるようになります。
買う時は、難しい色だということをあらかじめ念頭に置くことが大切です。
アイシャドウのようなポイントメイクは、つけている部分だけに意識が向いてしまいますが、
顔全体のバランスを意識することが必要です。


コメントを受け付けておりません。